お酒を飲んで騒ぐものだと

一年の計は元旦にあり、とも言われ、日本人にとってお正月は特別な時間となっています。このタイミングで帰省するという人も多くいるので、高速道路や新幹線、さらに飛行機が混雑します。そして、毎年毎年、故郷に帰省すると新年の挨拶をしに親戚一同が集まり、みんなでお酒を酌み交わしながら宴会をして騒ぐ、というのがお正月の行事になっているという人も多くいるのではないでしょうか。 お正月は仕事が休みで、さらに連休を取る人が多く、このときばかりは仕事のことを気にせずお酒を飲むことができるでしょう。そのため、このお正月の行事を楽しみにしている人もたくさんいます。また、子供達は酔いがまわった大人からのお年玉を待っています。 こういった風景は、日本に昔からある習慣であるともいえるでしょう。まず、一年の健康を祈念するため、お屠蘇で乾杯をするという家庭が今でもあります。そして、お正月によく飲まれる酒と言えば日本酒です。この日本酒をたくさん飲むことが、親戚一同が集まる場でも騒々しくなる要因となっているかもしれません。普段日本酒を飲まない方でも、一杯は飲むでしょう。アルコール度数がビールなどに比べて高いため、酔いがまわりやすいはずです。 また、お正月前に作られたおせち料理も酒をすすませ、その場がにぎやかになる要因のひとつです。それぞれに好きなおせち料理があり、それをつまみながら飲む日本酒は最高です。さらに、おせち料理の他にも豪勢な料理が並びます。刺身やオードブルなど、酒がすすむメニューがたくさんテーブルに置かれているのです。 この新年の始まりの行事は、家族や親戚の大切さを再認識させるものでもあります。それを示すものとして、そこの集まる人達は来年もこのように、みんなで楽しく宴会をして騒ぐことを願いながらお酒を酌み交わし、おいしい物を食べるのです。 こういったお正月を毎年過ごしている人は、お正月はお酒を飲み、そしてみんなで騒ぐものだと認識しているでしょう。


▲ページトップに戻る